投稿日:2023年6月24日

シート防水工事のメリットやデメリット

こんにちは!
外壁工事・防水工事業者の株式会社サカモト工業です!
千葉県松戸市に本社を構え、外壁塗装工事・外壁補修工事などを手掛けております。
主な活動エリアは、関東一円です。
防水工事はさまざまな種類がありますが、その中でも今回は、ビルやマンションなどの屋上に使用されるケースが多いシート防水工事のメリット・デメリットについて解説いたします。
ぜひ、最後までご覧ください。

シート防水とは

シート防水とは、塩化ビニールやゴムでできたシートを使用した防水工事のことです。
施工費用がリーズナブルで、既製品のシートを使うため、広い場所をまとめて施工できるのがメリットです。
マンションやビルの屋上といった大規模な場所で使われることが多くあります。

シート防水のメリット

シート防水のメリットは、主に3つあります。
1つ目は、耐久性に優れている点です。
防水工事は、5~10年ほどの耐用年数がほとんどですが、シート防水の耐用年数は10年以上あります。
こまめにメンテナンスできないような場所への施工に適しており、特に塩ビシート防水工事の場合は、最大で15年ほど長持ちすることもありますよ。
2つ目は、下地に関係なく施工できることです。
シート防水の大きな特徴として、シート防水以外の防水層の上からでも施工できることが挙げられます。
施工方法によっては、下地が傷んでいても施工可能です。
3つ目は、リーズナブルに施工できることです。
シート防水は、防水層の保護塗装が不要なため、他の防水工事に比べて安価に施工できます。

シート防水のデメリット

シート防水のデメリットは、主に3つあります。
1つ目は「複雑な場所には施工できないこと」です。
シート防水は、凹凸がある複雑な箇所への施工には適していません。
2つ目は「定期的なメンテナンスが必要なこと」です。
塩ビシート防水工事の場合、柔軟性を与えるために「可塑剤」が添加されます。
可塑剤は徐々に気化していくため、経年劣化によって柔軟性を失います。
経年劣化した塩ビシートは穴が開くこともあるため、10年に1度くらいの定期的なメンテナンスが必要です。
3つ目は「工事中に振動が発生すること」が挙げられます。
施工方法によってはドリルを使うことがあり、工事中に振動が発生するため、近隣住民へ工事の説明を事前に行っておきましょう。

シート防水はお任せ!

弊社では、塩ビシート防水工事やゴムシート防水工事などの各種防水工事を手掛けております。
防水工事の依頼を検討中の方は、弊社にお任せください!
加えて、外壁塗装工事・外壁補修工事・塗り床工事などの施工も手掛けております。
建物の外壁は景観だけでなく、建物の耐久性も決めるものですので、ぜひこの機会に外壁工事をしてみませんか?
どうぞお気軽に、お問い合わせくださいませ。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社サカモト工業
〒271-0051 千葉県松戸市馬橋2861-104
電話:047-375-8707 FAX:047-375-8707


関連記事

防水工事のメンテナンスの目安とは?

防水工事のメンテナンスの目安とは?

8月~9月は、一年の中で最も台風が発生しやすい時期です。 大切な建物の雨対策は万全ですか? 塗装工事 …

外壁補修を弊社に依頼するメリット

外壁補修を弊社に依頼するメリット

千葉県松戸市の株式会社サカモト工業は、外壁補修・シーリング工事を積極的に承っています。 今回は、「外 …

株式会社サカモト工業に依頼するメリット

株式会社サカモト工業に依頼するメリット

株式会社サカモト工業は千葉県松戸市に拠点を構え、外壁塗装や外壁工事などを行なっております。 株式会社 …